焼             酎
名     称 甲類焼酎 乙類焼酎
蒸 留 方 法 連続式蒸留 単式蒸留
原     料 サトウキビ・コーン・等 米・ソバ・麦・等
用     途 飲料・原料・殺菌 飲料・原料
特     徴 無色・無味・無臭 原料により独特の味・香り
アルコール度数による区別 1〜35% 甲類焼酎 乙類焼酎
36〜43% スピリッツ
44%以上 醸造用アルコール 醸造用アルコール
醸造用アルコールについて
焼酎は甲類焼酎と乙類焼酎に分かれており、その違いを下表にまとめてみました。

 醸造用アルコールは、一般に連続式蒸留アルコールだけのものと思われていますが、本格焼酎を謳っている単式蒸留アルコールにもあり、品質の優劣ではなくアルコール度数による酒税上の区別である事がわかります。
 吟醸酒・純米酒ブームの時に『アル添酒をはじめ消毒用にもつかわれている。』という一面的な解説により消費者に誤解をうえつけてしまいましたが、若干のアルコールを加えることにより酒質が安定しスッキリした味に仕上がる良い点もあります。  消毒・殺菌についても連続式蒸留アルコールが製造されるまでは、単式蒸留アルコールが使われていました。
 時代劇で傷を負った時傷口に吹き付けているのは乙類焼酎で、消毒に関しては甲類焼酎より古い歴史があります。
 要するに連続式蒸留アルコールは、無色・無味・無臭であるため幅広い応用が出来ますが単式アルコールではその独特な味・香りにより応用範囲が限られてしまいます。
 本みりんにおいても、もち米の特性を十分生かしきれるのは、余分な成分を含まない連続式蒸留アルコールであると考えます。
トップへ戻る
次のページ