次のページ
 播州地方は、温暖な気候にめぐまれ良質の穀物が豊かに実り、姫路藩を中心に薫り高い食文化が花開きました。
 みりん造りも盛んで、十数件の蔵元が技術を競い関東地方・三河地方と並び三大生産地をなしていました。
 当社は、文久三年〔1863年〕の創業以来みりん造り一筋に『播州みりん』の手造り寒仕込みの技法を伝承し続けている蔵元です。
 市場に出回っている殆どの本みりんは、国外
で外国産の原料で造られています。当社では創業以来、国産もち米、麹米については自社で栽培した米を使用しています。これにより品質はもとより信頼性も確保されております。
                            
トップへ戻る
仕込みは、一年中で一番気温の下がる二月初旬にはじまります。
前日に洗米された米は、蒸米機で蒸され冷却後、こうじ菌をふりかけられ寝かされます。床もみを行い色々な手入れをして二日後に麹として出てきます。
 国産水稲等級もち米百パーセントのもち米と麹を醸造用アルコールと混ぜ合わせ〔もろみ〕、タンクで約90日間寝かせます。
 熟成が完了すると、麻袋に入れ圧搾機でしぼります。澱下げをしてひと夏熟成させて商品となります。
〔麹を作るムロの内部〕
〔林田式圧搾機〕
会社案内