清酒を搾ったあとに出るのが酒粕ですが、同じくみりんを搾ったあとに取れるのがみりん粕  『こぼれ梅』 です。                                昔ながらの天然醗酵で造られた手柄山本みりんだから、みりん粕が採れるのです。
 こぼれ梅ができるまでを、簡単に紹介いたします。
 もろみは丁寧に麻袋に充填され、ふねの中に整然と積重ねられます。            
 麻袋の上から重しを載せ圧力をかけます。                    みりんが袋の網目から沁みだしタレ口にあつまります。
    
麻袋の中に残ったのがみりん粕です。  ほんのりとみりんの香りと甘味が残るみりん粕は、昔からお茶うけに、甘酒、奈良漬等に利用されております。                                     一袋300g入り @324円(税込)
次のページ
トップへ戻る
こぼれ梅