世界文化遺産の姫路城〔白鷺城〕の南南西約3kmに位置する
手柄山は、現在では姫路中央公園として市民の憩いの場として親しまれています。
 
その昔、手柄山の周辺は海で山頂部分だけがでていました。    神武天皇御東征のおり手柄山の近くをお通りになり、船を
波打ち際につなぎ上陸されました。あたり一面草木が生い茂っていたので自らの太刀で薙ぎ払われ一休みされたということです。
 この故事から、この山を手刈山〔てかりやま〕と呼びはじめ、いつしか手柄山に変わったようです。
 ちなみに、当用漢字では、柄の字は‘きへん’ですが、もともとは‘てへん’です。このため商標の手柄山も‘てへん’になっています。 
 現在の手柄山は、山頂の全国戦没者の慰霊塔をはじめ
温室植物園・遊園地・野球場・武道館等、市立の施設が建っています。
〔手柄山から見る姫路城〕
 〔姫路城〕
〔慰霊塔〕
〔温室植物園〕
 〔生矢神社〕
 南山麓に、生矢神社があり秋の例大祭には多くの人々で賑わいます。                     この手柄山の名称を登録商標にしている川石本家酒類合資会社が数百メートル東にあります。
トップへ戻る
次のページ
周辺案内